任意整理の事故情報が登録させる期間

 

任意整理を行うと、貸金業者が与信調査などに照会している信用情報機関に事故情報として登録されます。では、いつの時点で事故情報が登録されるかの点ですが、弁護士や司法書士に相談をし、依頼した時点で送付される受任通知を貸金業者が受け取った時点から始まります。

 

金融会社によって多少のタイムラグはあるものの、和解までの間には登録されることになります。消費者金融をはじめ貸金業者が登録している信用情報機関にはJICCとCICがあります。

 

大手の消費者金融のカードローンでは二つの機関に登録されていることもあり、二つの機関は事故情報などを共有しています。事故情報が登録される期間は5年間です。

 

任意整理の発生日から起算されますので、この5年の期間中は新たな借り入れやクレジットカードを作ることもできなくなります。しかし、この5年を経過し、信用情報機関から事故情報の記録が消えれば、カードローンや分割ローンなども利用できますので、生涯つくこともなく、その点は安心です。

 

任意整理は利息制限法に基づく債務整理ですが、借入期間や金額によっては信用情報機関に載らないことがあります。例えば、利息制限法を超える借入が長く利用していた場合は、当然、相当の過払い金が発生しています。この過払い金は事故ではないので、信用情報機関に載らないことになります。

 

もし、任意整理で過払い状態であったことが判明した場合は信用情報機関への影響はなく、今まで通り借り入れやローンの利用も可能です。過払い状態は任意整理で初めて分かることもあるので、弁護士や司法書士に相談し、計算してもらうと良いでしょう。

 

過去の利用明細書に関しては金融会社に請求・公開を要求できますので、その点も安心材料です。もし、過払い状態にあるにも関わらず、信用情報機関に事故、いわゆるブラックリストとして載るようなことがあれば、解消することもできますので、その点も弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。